Site search

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

Site search

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Categories

Tags

ブログロール

最近はまり中。

「チルドレン」読みました。いゃあ好きだわー伊坂幸太郎作品。ハッとする展開の話ですごく面白いけど、それ以上に会話がいい。人物像が浮かびやすい。そして温かい奴らばっかり。陣内と鴨居と永瀬と優子。それから武藤。それぞれの顔が浮かんでくるよう。いくつかの短編集だけど出てくる人たちは同じ。語り手が代わるから、なんだか人生ってこういつシーンシーンの集まりなんだなーって神様目線。全て1シーン1シーン、一瞬一瞬が小説になり得るんだな。心の声も神様にしか聞こえない特権。セリフの後のツッコミとか、こう思ってこう言ったのだという説明が面白い。目の見えない永瀬がいることで余計に心の声が際立つ。彼は声の温度を感じているから。人一倍言葉の本来の意味を感じているから。銀行強盗の話なんてそのままドラマになりそうな感じ。陣内がバカでカッコよくてステキ。「犯人はけっけっけだもののようでした」50代の女性が公の場でいう言葉ではなかった。最高。